FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まごころ」の沿革

「誰にでも必ず来る老後を、
      今できる人ができることを手助けする」


これをモットーに、平成2年非営利住民参加型住宅介護グループとして「まごころサービス」を愛知県瀬戸市に発足させました。
平成12年にはNPO法人 瀬戸地域福祉を考える会「まごころ」設立。
代表は、大秋惠子。
H26年8月22日に現在の事務所に移転いたしました。
新事務所の住所は 
 瀬戸市菱野台4丁目4-2 菱野ウイングビルB棟4号
CIMG0123_2014091015430491f.jpg


性格や生活歴をきちんと見極め、高齢者の方ひとりひとりに合ったサービスに努めていきたい。
それが「まごころ」の願いです。

続きを読む »

スポンサーサイト

まごころデイサービス10周年

平成15年4月から瀬戸市のやすらぎ会館内でデイサービスを始めてから10年を過ぎ
25年4月で11年目を迎えました。
 市長さんはじめ瀬戸市健康福祉部部長さんたちもお祝いに来ていただき式典を執り行いました。
10年以上通所していただいている利用者様には感謝状と記念品の贈呈も行い、昼食にはお寿司を
振舞いました。利用者様は大喜びでした。そのあとグレートマジシャンズのボランティアさんが
マジックを披露していただき楽しい一日になりました。

川の中の芸術

せと末広商店街で芸大の学生さんが芸術を繰り広げています。
近くに流れる用水路の中に陶器のかけらを集めていろいろ模様を描いていたのを見つけました。
大雨が降ったら流れてしまうかな?と思ったのですが藻が生えていて今のところきちんととどまっています。
20111118093421.jpg F1000180.jpg20111118134724.jpg
作者もわからない彫刻の像などの展示もあります。

すみれさくら組?

私たちの事務所のある場所は瀬戸市の中心商店街の一角にあります。
その中で婦人部のみなさんのグループ名がすみれさくら組と言います。
まごころの代表の私は今役員として婦人部のお手伝いをしています。
そこで今年も商人塾を行いその先生はスローライフを提唱しておられる
ゆとり研究所の野口先生。先月の会合で新聞で作るエコバックを教えて
もらいました。
CA613UG4.jpg

東北関東大震災の被災者の方々へ「共に生き続けよう!」のメッセージを送りります

頑張れとは言いません「共に生きよう、生き続けましょう」
3月11日、2時46分に発生した、未曽有の震災は2週間過ぎた今、被災された方々の状況が次々とTVで明らかになってきています。多くの方々からの支援の輪が広がっていることが心強く、一日も早い現地の復興を望んでいます。

 11日の当日はNPOの研修で群馬にいました。研修の真っ最中に地震が起きました。12日は新幹線も動いていなくて皆さんに助けられながら在来線で東京駅まで時間はかかりましたが帰ることができました。
帰ってから本当にすごい震災だったと改めて気付き、助かった命に感謝しつつ、少しでも支援をしたい思いですぐに義援金の募集を始めました。CIMG9805_convert_20110329171452.jpg


メッセージとして99歳(白寿)の詩人柴田トヨさんの詩集「くじけないで」から抜粋させていただきます。
「頑張れではなく共に生きよう」というメッセージです。

 「生きる力」
 
 90歳を超えた今 1日1日が  とてもいとおしい

 頬をなでる風  友からの電話  訪れてくれる人たち

 それぞれが  私に  生きる力を 与えてくれる

 
 
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。